Wi-Fiスポット

Wi-Fiはカフェでも使えるようになってきており、大手カフェチェーンではWi-Fiを無料開放しているところもあります。また、カフェ以外にもラーメン屋や焼肉屋などの飲食店、雑貨屋さんなど街のいたるところで、Wi-Fiを利用することが可能になってきています。

お店のWi-Fiを利用する以外にもポケットWi-Fiを使う人もいます。ポケットWi-Fiは小型で持ち歩きに便利な、ポケットにすっぽり入るくらいのWi-Fiルーターのことをいいます。Wi-Fiルーターを持ち歩くことで、Wi-Fiの設置されていない場所やネットワーク接続がしにくい場所でも、わりとスムーズにネットワークに接続することができます。

国際空港では、中国人などの外国人向けにWi-Fiルーターのレンタルを開始するなどしているところもあります。また、Wi-Fiルーターのレンタルだけでなく、地下鉄やJRなどの公共交通機関では、外国人観光客だけでなく、そこに住んでいる地元の人にも満足してもらうことや利便性向上のために無料Wi-Fiの設置をしている自治体も増えてきています。

こうした無料Wi-Fiを設置する事により、またこの街に来たいというリピート客の増加や新たな観光客の増加を狙った観光戦略も展開されています。また、オリンピックなどの世界的行事がある際には急激にWi-Fiの利用できるスポットが増加することもあります。

Wi-Fiとは

最近では、日本でもスマートフォンが主流となってきており、若い人のおおよそ90%がスマートフォンという結果も出ています。
スマートフォンはスマホと略されることが多く、このスマホは、フィーチャーフォンに比べ高画質な写真が撮れるだけでなく、写真の加工や自分の撮った写真を簡単にその場でSNSに投稿できるなど魅力的な部分も多くあります。そんなスマホですが、動画サイトやSNSなどを何時間も使い続けているとデータ使用容量の速度制限というものがかかってしまい、ページの読み込みが遅くなってしまいます。

そんな速度制限やなるべく通信料を抑えたいという多くの人がネットワーク接続を無線で行えるWi-Fiを使っています。
Wi-Fiはスマホのネットワーク接続をスムーズにするだけでなく、パソコンやプリンター、外部とのネットワーク接続が可能なゲーム機などにも利用する事ができます。

以前パソコンを使う場合は、配線などを引っ張ってきて使うことが多くありましたが、今では、Wi-Fiの機械を家のどこかにセッティングしWi-Fiのパスワードを入力すれば、簡単にネットワーク接続する事ができます。
Wi-Fiを利用するには、Wi-Fiを取り扱っている電気会社との契約をしなくてはなりません。Wi-Fiの契約は、大手家電量販店などでも行っているため、割と簡単に契約する事ができます。

Wi-Fiって何?

今ではガラケーを利用される方は非常に少なくなってきており、多くの方はスマートフォンを利用されています。さらに、タブレットなど、大きめの端末を持たれる事も増えてきているのです。
それらの機器を使い、インターネットを利用する時に関係するWi-Fiについて、当サイトでは紹介しています。

Wi-Fiと言われてもあまりピンとこない方もいるかもしれません。通常、スマートフォンなどで通信されている時はモバイル通信という形で行われています。
今では4G回線やLTE回線と言われるもので通信しています。しかし、これらのモバイル通信には制限があり、限度を超えた通信量が行われてしまうと「低速化」が起こってしまい、3G回線などの遅い回線スピードになってしまうのです。
しかしWi-Fiと言われる環境では、通信量を気にせず利用する事が出来るため、速度制限がかかる心配がありません。

このWi-Fiですが、ポケットWi-Fiや自宅のルーターで利用するのが一般的ですが、それとは別にWi-Fiスポットというのが設置されているところがあります。
今では喫茶店や飲食店、空港などあらゆるところに設置されており、そこでは無料でWi-Fi環境でインターネット通信が行えるようになっています。屋内に限らず、外出先でもインターネットを利用される事が多いという場合には、このスポットを探されるのも良いでしょう。
当サイトではこれらのようなWi-Fiに関する情報を紹介しています。気になる方はぜひ、チェックしてみてはいかがでしょう。